アンヴレ通信 第42号|休業のお知らせ/妊娠中に実験した事&発見


鍼灸サロン アンヴレ 逸見愛です。
いつもサロンをご利用くださりありがとうございます。

今日から8月🌞
7月の営業を終え、7月30日からお休みに入らせていただきました。

無事、正期産に入り、お腹の赤ちゃんも3㎏近くに成長👶
いつ産まれても良い時期になり、ほっとしています。
休業中もBlogでお知らせなどを引き続き更新していきます😊✨

【夏の養生法はこちらの記事でお伝えしています】

 


 

休業のお知らせ/治療院のご紹介

出産、育児に伴い、7月30日~10月末までサロンを休業させていただきます。
体調の回復により、11月から土曜日、隔週金曜日を中心にサロンを再開する準備をしております。

休業中、鍼灸治療の定期的なケアを継続されたいお客様へ、治療院をご紹介しております。
急な不調などおありの時も、症状に合った治療家の方をご紹介いたしますので、遠慮なくお問い合わせください。

✉お問い合わせはこちら

・・・・・・・・・・・

お客様から、

『このままサロンをやめないでくださいね…!』
このようなお声をいただきました。

私にとって鍼灸は、人生に欠かせないライフワーク🔥✨

生涯現役!!を目標にしているので、もしそのようなご心配をしてくださる方が他にもいらしたら、どうぞご安心ください😊♬

 

やめる事は絶対にないのですが、これから先の自分自身の健康も考え、そして自分が納得する治療を提供できるよう、体調が万全に整ってからサロンを再開しようと思っております。

体調の回復により、再開の時期が遅れましたら申し訳ありません。

1日でも早く復活できるよう、ごはんをモリモリ食べて、体調管理に努めます🍙🔥❕

 

お客様の体を診させていただき、健康に携わることは、とても責任があることだと考えています。

今だけではなく、5年、10年、20年先のお客様の健康や美しさ、そして心身が健康だからこそ輝く、お客様が望む未来の日々を想いながら施術をしています。

これからも、日々努力を怠らず、お客様の人生の様々なイベントや体の変化に対応できるよう、技術と心を磨いていきます🔥

 

いつもサロンをご利用くださり、また、皆様のご支援、温かいお心遣いに心から感謝しております。

出産・育児と経て、パワーアップして戻って参ります💪✨
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

~完全紹介制の導入につきまして~

2019年7月より、完全紹介制とさせていただきます。
産後復職し落ち着きましたら、多くの方にご利用いただきたいと思っております。
準備が整うまで、今しばらくお待ちくださいませ。

アンヴレをみつけてださり、心から感謝しております。
ありがとうございます☘

 

妊娠中に実験した事&発見/今後の研究

妊娠中は今までに体験したことのない不調も現れ、いろいろな症状に対応することで、とても勉強になりました。

まず感じたのは、「睡眠」の大切さです。

妊娠中は疲れたり冷えるとお腹が張るので、張ったら早めに休むようにしていました。

しっかり休むと、腰痛も、脚のむくみも、お腹の張りもスッキリ!

どんな症状にも早めに対応すると、2日と続くものはなく、無理しないことが大切なんだなと痛感。

妊娠中は『お腹の張り』というわかりやすいサインでしたが、そうではない時も、『頭痛』『お腹にガスがたまる』『むくむ』『肩がこる』『腰が痛む』『気分が落ち込む』などなど…体は色々なお疲れサインをだしていて、それを当たり前にせず、早く対応する事が健康の第一歩だと感じました。

また、『睡眠』『食事』『運動』に加え、定期的な鍼灸治療をしていたことで、自分の体が胎児の成長に合わせてスムーズに適応し、トラブルも少なく健康に過ごせたと実感✨

この経験を、今後の治療へ活かしていきます😊✨

 

~個別の症状に対して~

★腰痛・股関節痛

4月のアンヴレ通信でご報告した、『座る姿勢の改善』で、劇的に腰痛が軽くなりました。

 

 

朝起きた時や、腰が痛い時にベルトを使って、骨盤を整える体操をしていました。

トラブルや痛みなどなかったので、妊娠期間中、普段は骨盤ベルトなど、お腹や骨盤の支えは使用しませんでした。

痛みが出たらすぐ気づいて無理しなくなるし、ベルトに頼らず腹筋を意識して生活し、徐々にお腹を支える筋肉(自然の骨盤ベルト✨)をつけた方がよいかな?と考えました😊

 

 

腰が痛くなったら、こちらの記事で紹介した腰痛のツボに鍼やお灸をしていました。

夜、疲労で腰痛や股関節が痛くなっても、ケアをしてしっかり休むと次の日にはリセット✨

痛みがないと良く動けるので、筋肉も維持できました💪✨

 

★ふくらはぎのつり

妊娠中期頃から、朝方になるとふくらはぎがつるようになりました。

こちらも鍼灸治療はとても効果があり、治療後にふくらはぎの違和感がある場所へ、シールの鍼を貼っておくと、劇的に頻度が減りました。

妊娠中はセルフケアだけではなく、幡ヶ谷のオリーヴ治療院、堀本先生の鍼治療を定期的に受けていました。
2週間に1回の頻度では、治療から10日くらいたつとつりやすくなったので、妊娠後期から治療頻度を1週間毎につめたら、まったくつらなくなりました。

 

ご自宅でできる対策は、水分やミネラルを補給して代謝を良くするこや、冷えないように靴下を履いたり、ストレッチをするのが効果的です。

暑い時期のほうが、布団から手足をだしてしまい、体は冷えがち⛄
足や足首を温める事で、下半身の血流もよくなり、つるのを防いでくれます。

夜寝るときに靴下を履くときは、絹や綿、毛など自然の素材で作られたもので、5本指ソックスがオススメです😊♬
足は汗をかきやすいので、5本指だと汗を吸収して、冷えるのを防いでくれます。

 

私のオススメは、『冷えとり靴下841』の正活絹(せいかつけん)です。
健康法を色々試すのが趣味で、冷えとり靴下は友人からの勧めで6年ほど前から試しています(^^)/
正活絹の商品は、足首の締め付けがなく、気に入っています♬

妊娠中は体が熱くて熱くて、しばらく履くのをさぼっていたのですが、つりはじめてから履いて寝たら、効果を実感✨
私は絹とウールの4枚セットを使っていて、妊娠中は絹orウールの5本指ソックスの上に、綿の丸先靴下を重ねて2枚だけ履いて寝ていました。

脚が浮腫んで重だるい時にも効果的でした。
私は靴下を履いて寝ると、夜トイレに起きる回数が減り、深く眠る事ができました。
圧迫ソックスなど締めつけが苦手な方にも、締めつけず簡単に脱ぎ履きできるのでおすすめです😊✨

 

ふくらはぎがつりそうな時は、つま先を上に反らすように(つま先立ちの反対)、しっかりとふくらはぎを伸ばすと予防ができます。

酷くつる時は自分の力では伸ばす力が弱いので、ご家族の協力が可能でしたら、つり予防のストレッチを事前に覚えてもらうと助かります。

 

 

ストレッチ法は、仰向けの状態で、協力者の方につりそうになっている側の足のかかとを下からホールドしてもらい、腕と足の裏を密着させます。

 

 

密着させた状態で、協力者の方に前方へ体重を乗せてもらい、ふくらはぎをしっかり伸ばします。

この時、協力者の方の反対側の手で、膝の上あたりを軽く押さえて、脚が浮かないようにすると伸ばしやすいです。

私も夫に覚えてもらい、つりそうなときは隣で寝ている夫を「タスケテー!!!」と起こして、伸ばしてもらいました💦

すぐストレッチすると、痛みやふくらはぎの違和感も残らず、とても助かりました😊✨

 

足の裏や土踏まずがつりやすい時や歩いていて違和感がある時は、立った状態でつっている足を後ろに引き脚を前後に開き、前方へ体重を移動させて、ふくらはぎを伸ばすと、違和感が軽減されます。

階段など段差を利用し、立った状態でつっている足を後ろに引き、指の付け根(足裏の前方1/3ほど)を階段の縁にのせ、かかとを下すようにアキレス腱を伸ばすのも効果的です。

ストレッチをするときは、倒れないよう壁や椅子につかまりながら行ってください。

 

★血糖値のコントロール

 

 

妊娠中期に、尿糖⧺がでてしまい💦
それからは、こまめに血糖値調整のつぼへお灸をするようにしました。
血糖値のコントロールに良いツボは、こちらの記事でご紹介した、脊中(せきちゅう)です。

次の検診からは尿糖がでることなく、早めにケアしてよかったです😊

脊中は糖代謝を促進し、タンパク質の糖化予防にも効果的なつぼです。
血糖値を安定させることは、細胞の炎症を防いだり、怪我を早く治す働きもある為、妊娠中は重くなっていく体重を支える筋肉や靭帯、皮膚のトラブル予防に、産後は出産の回復を早めるポイントだ!と考え、症状が治まってもお灸治療を継続しました。

 

★白髪、抜け毛

これは意識して予防したのではなく、発見したことです😊✨

妊娠中はカルシウムやタンパク質など、栄養不足にならないように気をつけて、カルシウムは通常時より+400mg、タンパク質は体重の増加に合わせて50g~80gを毎日摂取していました。

たぶんこれが効果的だったのかな?と思うのですが、妊娠する1年前ほどからチラホラと気になっていた白髪が、気にならなくなりました。

カルシウムは、髪の色にも関わる「メラニン色素」を作る細胞、メラノサイトを活性化する重要な栄養素です✨

タンパク質は髪自体の材料になります。

抜け毛はもともと気になっていなかったのですが、洗髪しても数本しか排水溝に髪が溜まらなくなり、栄養と細胞は直結しているんだなと実感しました。

 

白髪は、色素細胞の機能が低下し、メラニン色素が作られなくなった結果として現れます。

色素細胞の機能低下の原因は、老化や過度なストレス、ダイエットなどが挙げられます。

カルシウムは体にとって重要な栄養素なので、摂取量が多ければ体外に排出され、少なければ骨に蓄えていたカルシウムが放出され、血液中のカルシウム濃度は一定に保たれるようになっています。

バランスが保たれているので、カルシウム不足はすぐに健康状態に響かず気づきにくいですが、不足した状態が続くと、骨粗しょう症など様々な病気の原因となります。

白髪が増えてきた、虫歯になりやすくなった、歯が欠けた…などなど、こんな症状が気になってきたときは、カルシウム不足のサインかもしれません。

健康診断でも骨密度やカルシウムと関わる腎臓機能などしっかりチェックされて、早めのケアをおすすめします😊✨

 

~今後の研究~

正期産に入ったので、これから色々な安産ケアを試そうと思っています✨
いよいよ出産!となった時、楽しみなのが陣痛緩和の実験です(そんな余裕がもてるといいな☺)

 

 

ソフロロジーはお客様におすすめしていただいた呼吸法です。

 

 

アロマセラピストの友人がブレンドしてくれた、エッセンシャルオイル!
陣痛が始まったら、内くるぶしに爪を立てるようにマッサージして浸透させるいいそう。

 

 

鍼灸治療では、お客様にお伝えしやすいつぼを実験したいと思っています。

まずは、痛みやストレスの緩和にとても重要な、副腎のつぼ

他にも、頭のてっぺんの百会や目頭の攅竹へ鍼やシールの鍼を試してみようと思っています。

 

★産後の対策

産後はホルモンバランスの変化に加え、「疲労」+「睡眠不足」のwパンチが、様々な症状の原因になります。

産後は、上手に睡眠をとる実験を色々したいと思います😊✨

産後に向けて、食事や生活など色々工夫してみたので、産後の回復にどれだけ結果が出るかなと楽しみです♬

 

おわりに

7月の初旬に、祖父の100歳のお誕生会をしました。

コロナのことがあり、集まりをやめるか悩んだのですが……

祖父がとても楽しみにしてくれていて、100歳という年齢もあり、他のことは我慢してもこの日だけは…!と行ってきました<(_ _)>

 

 

『うちは長生きの家系なの。私のお祖父さんが、当時85歳まで生きたんだもの。私は105歳まで自信があるよ~!』

と、毎年恒例のおじいちゃんのセリフ。

今年も、歩いて、よく食べて、この言葉を聞けて。
元気なおじいちゃんに、「おめでとう」を言えるのがとっても嬉しい😊✨

 

 

親族代表で従兄弟が来てくれて、親族へお祝いの様子を実況中継してくれました✨

 

 

 

こちらは従兄弟が用意してくれた、祖父が生まれた日の新聞です。

 

 

米騒動…!
祖父は、私のお腹の子と100年違いの1920年8月生まれ。
歴史を感じます😲

おじいちゃん、おばあちゃんから回ってきた命のバトン👶
体調を万全に整え、頑張ってきます💪😊✨

 

最後までお読みくださりありがとうございます。
皆様の健やかな毎日をいつも心から応援しております☘

鍼灸サロン アンヴレ 逸見愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です