「光視症」と「眼精疲労」に効くツボ


こんにちは。
鍼灸師の愛です。

今日は「光視症」と「眼精疲労」に効くツボについてのお話です。

 

最近、視界にピカーッと白い光の玉が通ることがあります。
流れ星みたいに、視界の縁で光るんです。
目のことって心配になりますよね。
病気へ行って調べてきました。
身体の不調も、勉強になってラッキーです。

視力検査、眼底検査をし、先生の説明を受けました。
結果は……、加齢によるものだそう!
とりあえず、安心しました。

 

光視症とは?

o0464033413565108882

目はざっくりとイラストの様な構造になっています。
赤線を引いた『硝子体(しょうしたい)』は、眼球のほとんどをしめる、ゼリー状の物質です。

加齢により、硝子体はだんだんと縮んでいきます。

硝子体は外側にある網膜とくっついており、
網膜から牽引されたり剥がれる時の刺激を、
光として感じるそうです。

その上場を『光視症(こうししょう)』といいます。

光視症自体は、加齢により自然と起こるもので、問題がないそうです。
近視が強い方は、網膜がもともと引っ張られて薄くなっているので、起こりやすいそうです。

光だけなら問題ないのですが、怖い病気も隠れているかもしれません。
検査は大切です!

硝子体が網膜から剥がれるときに、網膜が破れたり傷ついてしまうのが、
『網膜剥離(もうまくはくり)』の原因です。
網膜は視覚の大切な機能、『光』を感じる細胞が集まっています。
網膜の破れたところから、硝子体の水分が入り込んで、網膜が大きく剥がれてしまうと、
視界にカーテンがかかった様にもやが見えたり、墨を垂らした様に黒い部分が現れたりします。

網膜剥離はほうっておくと、失明に繋がる怖い病気です。
早期発見・治療をすれば防ぐことが可能ですから、
異常を感じたら早めに検査へいかれてくださいね。

 

目の症状におすすめのつぼ

 

目の疲れにオススメのツボは攅竹(さんちく)です。


<ゆる痩せより>

眉毛の内側下、優しく触ってみると、凹んでいるところがツボです。

目の疲れはもちろん、ホルモンバランスの乱れにも効果的!
自律神経も調えてくれるツボなので、安眠にも繋がり、目をしっかり休めてくれます。

押し方は、眉間に向かって斜め45度!
右利きの方は、右手の親指と人差し指で左右のツボを挟む様に押して、
頭を少し下に向け頭の重さを利用しながら押すと、ツボに気持ち良く入ります。
5秒くらい押してもいいですし、もんでも気持ちがいいです。

他にも、合谷陽補などがおすすめのつぼです。
ぜひ、お試しください♬

最後までお読みくださりありがとうございます。
今日も素敵な一日になりますように。

 

緑内障ものもらいなど体に嬉しいつぼを毎月ご紹介しています☆

One thought on “「光視症」と「眼精疲労」に効くツボ

  1. Pingback: 症例/ストレスによる不定愁訴 | 美容鍼灸師の美味しい神楽坂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です