アンヴレ通信 第2号

こんにちは。神楽坂鍼灸サロン「アンヴレ」逸見愛です。
いつもサロンをご利用下さり、ありがとうございます。
神楽坂周辺も桜が咲き始めました。
外堀公園は桜のトンネルを楽しめるおすすめ散歩道です🌸

 

今月の漢方茶は、イライラやストレスを緩めてくれるお茶にしました。
ナツメ、小麦、陳皮、クコの実、甘草がブレンドされています。
甘くてほっとリラックスする味です。

春風が強く吹き砂嵐が上に舞うように、
春は私たちの身体の中でも、上に上に「気」が昇りやすい時期。
しっかり身体を動かして、発散出来ていれば良いエネルギーとなるのですが、
滞る事で澱んでしまい、イライラや憂鬱、頭痛などの原因になります。
身体や心のサインを受け取ったら、
ぜひお散歩や軽いストレッチをして、循環を良くしてください(*^^*)
(春の病と過ごし方の記事はこちら

 

 

・・・・3月のご報告・・・・・

☆勉強したこと☆

●アロマの講座に行ってきました♪
先日、本のフェスで出逢った小林さんに、
アロマの基礎と、ホルモンバランスの状態に合わせた
エッセンシャルオイルの選び方や活用を教えてもらいました♪
そちらのご報告は、また別のブログで♡

●鍼灸の勉強会に参加しました♪
オリーヴ鍼灸院の堀本忠幸先生に鍼灸の歴史や治療法を教わっています。
堀本先生は、長野式臨床研究会で講師もされていた方です。
今年は隔月、奇数月に勉強会を行っています。
今回は更年期障害による不定愁訴の治療、
ぎっくり腰治療を勉強しました。

3日前にギックリ腰になってしまった鍼灸師さんをモデルに、
堀本先生の治療を見学しました。

ギックリ腰の痛みは身体の中に怪我(炎症)がある状態です。
鍼灸治療は、「鎮痛」「消炎(炎症をしずめる)」
「筋緊張の緩和」「免疫力UP」が得意な治療です。
原因部の治療をして炎症をしずめ、周りの筋肉を緩めて血流を増やし、
痛みの物質を流れやすくする治療をしていきます。

治療後は痛みの範囲が狭くなり、姿勢が良くなっていました◎
ギックリ腰治療では、刺激量に気を付けることが重要です。
傷を守るために、周りの筋肉が緊張して身体の動きを制限しているので、
緩めすぎてしまっても逆効果になってしまいます。

勉強会に参加すると、新たな気づきもあり、
心もシャンとして、鍼がパワーアップしているのを感じます(*’▽’)
鍼灸師さんで勉強会に興味がある方は、ぜひご連絡ください。
info@unvrai.jp

 

腰痛予防には、こちらのツボ押し&ストレッチをお試しください☆

 

☆3月のツボ☆
「喉の痛みや咳」が続くお客様がいらっしゃいました。
今の季節は、花粉症か風邪かと迷う時期。
春は冬の疲れをデトックスする時期ですので、
アレルギーの症状も現れやすいんです。
風邪も花粉症も、免疫UP!が大切です。

ご自宅でのケアは、「太渓(たいけい)」がおすすめ。

ツボの取り方は、内くるぶしの一番尖がっている所(〇)の高さで、
アキレス腱とくるぶしの間、触るとへこんでいる所がツボです(✖)
身体の免疫を高めて肺や気管を潤し、喉の痛みや咳に効果的です。

 

☆緑内障の悪化予防にも鍼は効果的
緑内障にお悩みのお客様がいらっしゃいました。
緑内障とは、何らかの原因で目の眼圧が高くなることにより、
視神経が圧迫され、視野が狭くなったり、視力が低下する病気です。
専門医にかかられて症状は抑えられているのですが、
目のかすみや頭痛がお辛いそうです。

緑内障の進行を防ぐには、「眼圧」を下げる事が重要です。
私が良く使うツボは、「陽補(ようほ)」です。

 

ツボの場所は、外くるぶしの高いところから指4本分上(骨の上)で、
触るとコリコリしていたり、痛いところがいいポイント。
疲れ目の時も効果的です。

前回ご紹介した「血海(けっかい)」も一緒に治療します。
→前回の記事はこちら

 

初めに目の上を軽く押して、目の硬さをみてから治療をします。
治療前は目を押すと硬く、お客様も「嫌な感じ」と仰っていたのが、
治療後は目の硬さが緩まり、嫌な感じもなくなられました。

この二つのツボに、自宅でお灸もしていただきました。
定期健診では、眼圧が下がっていたそうで、
「目にも鍼灸は効果があるんですね?!」と
喜び&ビックリされていました。

目にも、効果があるんですよ~♪
鍼灸は、色々な病にも効果が認められた治療です。
気になっている事があったら、ぜひ小さな事でも教えてください。

 

 

 

3月は遠方からお客様がお越しくださいました。
喜んでいただけてとても嬉しかったです。
大切な休日にいらしてくださり、ありがとうございます。

最近、毎朝ヨガをすることにしました。
始めてちょうど1ヶ月です。
余裕があるときは夜もしています。
毎日って大変かな?と思ったのですが、2週間も続けると、
ヨガをしないと他の事をスタートできなくなってきました。
身体の変化もわかるので、凄く楽しいです。

曇るとき、雨のとき、晴れのとき。
身体と心は、日々お天気のように変化しています。

勉強と自分自身の健康管理をしっかりして、
お客様がどんな状態の時にいらしても、
心身がほわっと緩むようなサロン、治療家でありたいと思っています。

4月も皆様とお会いできるのを楽しみにしています☘

 

 

 

 

 

神楽坂鍼灸サロン アンヴレ
(HP準備中!!だんだん材料はそろってきましたm..m)

コース案内

サロン紹介

2 thoughts on “アンヴレ通信 第2号

  1. Pingback: 「光視症」と「眼精疲労」に効くツボ | 美容鍼灸師の美味しい神楽坂

  2. Pingback: アンヴレ通信 第8号 | 美容鍼灸師の美味しい神楽坂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です