症例/ストレスによる不定愁訴<過食・不眠・目の疲れ・風邪を引きやすい>


先日、友人が施術を受けにきてくれました。

友人は、真面目で責任感も強く、
秋から新しい仕事を始めとても頑張っています。

技術職で拘束時間も長いようです。
毎日の仕事に加えて、

「仕事を覚えなきゃ!」
「他のスタッフの迷惑になっていないか…」
「他の人も休んでいないのに新人の私が休んじゃだめだ……!」
「あの人は頑張っているから、私も頑張らなきゃ……!」

こんな日々の緊張も加わり、まだまだ頑張りたいのに、
体が疲れ、だんだんと心も疲れ、
夜眠れなくなったり、お菓子を食べ続けてしまったり、
色々な不調があらわれるようになってきました。

 

お悩みと施術の希望

・ストレス
・不眠
・免疫を高めたい(10年ぶりに高熱の風邪を引き、治ったが咳が続いている。)
・目の疲れ
・過食(3ヵ月食欲が落ちたのち、3週間前から過食)

 

ストレス、心の疲れへの鍼灸治療

 

鍼灸は心と体、両方の疲れを癒す治療です☘
心をコントロールするのが難しい時は、
体を楽にしてあげると、心もほわっとゆるんできます🌞

 

<写真は治療に来てくれた妹です>

足首と鎖骨のつぼ(照海と兪府)は、
ストレスを軽減する効果があります。

膝下の陰陵泉のつぼは、
体の血流を高め、緊張やコリに効果的です。

眉毛の内側の攅竹は自律神経を整える効果があります。

 

手の合谷は目の疲れによく使うツボです。
大腸のつぼで、腸内環境を整え免疫UPにも効果的です。

仰向けの治療で、友人はうとうと眠り始めました。
うつ伏せでも背中の緊張をほぐす治療をしました。

 

治療中の睡眠はストレスに効果的です
治療中の浅い眠り(レム睡眠)は、体が寝ていて、脳が起きている状態。
レム睡眠時に脳は、一日の記憶や体験の「いる・いらない」の整理をします。

体がリラックスした状態でうとうと眠りにつくと、
グルグル悩んでいたことも、硬くなていた心と体も
ほわっとほぐれてきます☘

 

翌日はこんなメッセージをもらいました(^o^)♬
ピンチの時に頼ってくれたのがとても嬉しかったです。

 

心と体は繋がっています。
眠れない、食べられない、食べ過ぎてしまう、
酷い肩こり、咳が続く、
ぐるぐる悩んでしまう……などの症状は
体と心のSOSです。

忙しく、睡眠や休憩が上手く取れない時は、
呼吸が浅くならないよう、深呼吸を意識されてみてください(^^)/
深呼吸は自律神経のバランスを整えてくれます。

体が緊張したまま食事を始めると、
胃腸に負担をかけ消化不良を起こしやすくします。
食事前に、一杯の温かいお茶や
お味噌汁を飲むのもおすすめです。

フーフー冷ましながらゆっくりのむと、
体がほっとリラックスしていきます。

しっかり栄養補給ができると、
疲れも取れやすく溜まりにくくなります。

 

辛い状態が続くときは、ぜひ鍼灸治療をお試しください。
お仕事、プライベートとますますお客様が輝けるように。
おひとりおひとりの不調やお悩みに合わせて、
オーダーメイドの治療をいたします☘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です