春の病と過ごし方

(アメブロからのお引越し記事です)

 

こんにちは。
美容鍼灸師の愛です。
また寒くなってしまいましたね。
寒いのは苦手ですが……、
こうして少しずつ春に近づいていると思うと、なんだか心がウキウキします。

 

東洋医学には五行(ごぎょう)という考えがあります。
自然界は、『木・火・土・金・水』の5つの要素に分けられるというものです。

 

春は東洋医学で、『木(もく)』に属します。
冬眠していた動物達も動きだし、植物は元気に芽吹き、
のびのびと活動的になる時期です。

 

人も同じです。
暖かくなると、新陳代謝が活発になってきて、心身共に軽やかに。
気持ちもウキウキしてきます。
この身体の変化に関係しているのが、『肝(かん)』 です。

 

東洋医学では、西洋医学の肝臓の働きだけではなくて、
肝臓は全身のエネルギーを調整していて、
気持ちの安定や、内臓全体の健康に関係していると考えています。

 

肝も五行では、木に属します。
肝は春の植物のようにのびのび健やかな状態を好みます。
ストレスが溜まると、肝の機能が低下してしまい、
頭痛、のぼせ、肌荒れ、肩こり、胃腸不良、イライラ、憂鬱、睡眠の質が下がる……など、
様々な症状が現れてきます。

 

春は季節の移り変わりだけではなく、生活環境の変化もある時期です。
知らず知らずにストレスが溜まっているかもしれません。

 

上記の様な症状が現れている方は、適度に身体を動かすことがオススメです。
淀んでいたエネルギーが動きだし、身体の不調が取れやすくなります。
食べ物では、レバニラがオススメです♬
肝の働きに良い食品は、緑黄色野菜、レバー、ニンニクなど。
レバニラは全部入っていますね。
あとは、酸っぱい食べ物。
お酢を使ったものや、梅干しを適度に摂ると、
肝臓の働きを元気にしてくれます!

 

現代では、エアコンなども普及し、冬でも快適に過ごせたり、
季節を問わず、食べ物も、いつでも手に入るようになりました。
季節の変化が人体に影響していることを、なかなか理解しにくいと思います。
他の生き物に目を向けると、冬眠したり、繁殖の時期が一定でしたり、
植物や昆虫も、季節を感じとりながら、それぞれの成長をしています。

 

私達の身体も、自然の変化を感じとり、変わっているんですよ!

 

春は、のびのび穏やかに♬
上手にストレスを発散して、素敵な季節を楽しみましょう♬

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
今日も良い一日になりますように☆