妊娠30週目の妊婦さんの逆子治療/妊活~産後の鍼灸ケア


神楽坂鍼灸サロン アンヴレをご利用くださるお客様の症例をご紹介します☘

先日、妊娠30週目の妊婦さんの治療をさせていただきました。

お悩み
・逆子 

・便秘
・お腹の張り

逆子は前回の検診でわかり、逆子体操や鍼灸治療をすすめられたそうです。

 

逆子とは?

お腹の中の赤ちゃんが頭を上に向けている状態のことを「逆子」、医学的には「骨盤位」と言います。

逆子の原因が明確なものは全体の一部分で、多くは原因が不明とされています。

逆子になりやすい原因として、子宮の形状や胎盤の異常、骨盤が狭い、羊水過多、双子などの多胎妊娠などがあげられます。

妊娠初期で逆子と言われても、その後自然に戻る事が多く、診断されるのは妊娠30週~32週頃です。

 

原因が不明とされることも多いですが、私が今まで治療させていただいた逆子治療を受けられた方には、「腰痛」「股関節、鼠径部の痛み」「冷え」「便秘・痔」「貧血」など、様々な症状にお悩みの方が多かったです。

腰痛、股関節や鼠径部の痛みは、骨盤を支える筋肉や靭帯の不調のサインでもあります。
体が冷えていると血行が悪くなり、筋肉も硬くなり、痛みが現れやすくなります。

痔・貧血は、血液の質が低下し、栄養不足になっているサインです。

妊娠中は便秘になりやすいですが、お腹が張る事で交感神経を刺激して、体が緊張しやすくなり、疲労回復にも影響します。

 

妊娠中の母体の変化は多岐にわたり、それに伴う不調も様々です。

例えば、子宮の大きさの変化。

妊娠前の子宮の大きさは、出産経験の有無でも異なりますが、重さはおよそ40~70g、長さ約7cm、幅は4cmほど、ちょうど鶏卵ぐらいの大きさの袋状の臓器です。

妊娠後の子宮は、子宮の中で育つ赤ちゃんの成長に合わせて大きくなり、妊娠後期には、重さは(赤ちゃんを除いて)1,000g前後(妊娠前の約15倍)、長さは約36cm(約5倍)に達します。

母体の変化や、赤ちゃんの成長に対応するために、母体の血液量は、妊娠30週をピークに通常の1.4倍にまで増加します。

 

血行不良、内臓機能の低下(血液の質の低下)、自律神経の乱れ、疲労の蓄積などの体の不調があると、妊娠中の体の大きな変化への対応がスムーズに行えなかったり、股関節や骨盤まわりの筋肉や靭帯が硬く緊張していると、骨盤が歪みやすくなり、骨盤の形は子宮の形にもダイレクトに反映します。

子宮の形がいびつになると、中にいる赤ちゃんは体をスムーズに動かせず、逆子の原因になりやすいと私は考えています。

 

逆子治療のつぼ

逆子治療でよく使うのは、「三陰交(さんいんこう)」と「至陰(しいん)」のつぼです。

三陰交

至陰

 

三陰交、至陰ともに内臓を整えて体を温め血行を促進し、子宮をふんわりと柔らかくする効果があります。

30週以降は1日でも早めに治療を始めた方が、逆子が治る効果が高まります。
逆子と診断されたら、ご自宅から通いやすい鍼灸院に早めに相談されてください☘
(妊娠初期~中期には、子宮への刺激が強く、注意が必要なつぼです。ご自分で判断されずに、必ず専門家へご相談ください。)

 

今回の治療内容

妊婦さんの治療の場合、こまめに脈拍を確認し、
のぼせや気分が悪くないかなど、声掛けしながら治療をしています。
お腹が大きくなられてからは、横向きで治療を行います。

逆子治療の場合、赤ちゃんの動きを教えてもらいながら治療を進めます😊

 


今回は、仰向けで脈とお腹の状態、体のつぼの状態を確認してから、
仰向けのまま治療を行いました。
脈は早く、お腹はみぞおちから張っている状態で、太ももが冷えていました。

仰向けで、照海(しょうかい)兪府(ゆふ)手三里(てさんり)のつぼに鍼をしました。
自律神経を整えて脈拍を落ち着かせたり、免疫を高めるつぼです。

その後、至陰にお灸をしました。
お灸は透熱灸です。

治療中に、赤ちゃんが良く動くようになり、
治療前はみぞおちで感じていた体動が、下腹部に変りました✨


赤ちゃんの動きがあったのでお灸を終え、
横向きの治療をしました。

横向きで曲池(きょくち)と腰の大腸兪、腎兪のつぼに鍼とお灸をしました。
曲池はお通じを良くするつぼです。
腰のつぼは、お通じを良くしたり、むくみにも効果があります。
お通じが改善され、お腹の張りが軽減することで、自律神経も整いやすくなります。

腰を中心に肩から全体的に巡りをよくする指圧をしました。
セルフケアは、逆子予防&安産ケアに三陰交のお灸をお伝えしました。

最後に、赤ちゃんの位置を確認。
逆子が治っていると確信してから治療を終えました。
(遠方にお住いのお客様で、治療チャンスが1日でした。)

《治療はおひとりおひとりの体の状態に合わせて行います》

 

お客様の声

治療直後の効果
・赤ちゃんの動く場所がみぞおちから下腹部に変った
・みぞおちの張りがスッキリ
・体が軽くなって、階段を上るのが楽になった

翌日の効果
・赤ちゃんの動く場所は下腹部に定着している(手が動いているのかなとのこと)
・お通じがあった
・よく眠れた

治療から翌々日の検診では…

わーい!嬉しいメッセージが届きました✨
喜んでいただけてとっても嬉しいです)^o^(

逆子治療をさせていただくと、治療中や翌日に結果が現れる事が多く、赤ちゃんの「戻ろう!」とするパワーを強く感じます。
赤ちゃんは心地よい姿勢を知っていて、いつも動けるチャンスを狙っているのですね😊✨

 

妊活・妊娠中・産後の鍼灸治療の効果

鍼灸治療はこのような効果が期待できます😊

 

妊活中
・生理周期やホルモンバランスを整え、均一な排卵を確保する
・卵巣機能を整え、卵子の発育促進、卵子の質を高める
・骨盤内の血行を促進して、卵子が着床しやすい環境を整える
・自律神経を整え、体をリラックスさせる
・肩こり、冷え、浮腫み、ストレスなど体の不調を整える
・ホルモン剤などの副作用を軽減する

体外受精の場合のよい治療タイミング

採卵1週間前~当日 <卵子の発育促進>
移植1週間前~当日 <骨盤内の血行を促進し、卵子が着床しやすい環境を整える>
移植後当日~着床までの時期 <受精卵の分割・着床の促進>

 

妊娠中
・つわりのケア
・眠気や胃腸の不調、便秘、むくみ、腰痛など、不定愁訴の予防や改善
・切迫早産予防
・逆子ケア
・妊娠中毒症の予防
・安産ケア

 

産後
・腱鞘炎、肩こり、腰痛、冷え、疲労など体の不調のケア
・メンタルヘルスケア(産後うつなど)
・ホルモンバランスを整える
・母乳ケア


アンヴレには、妊活~産後の体調ケアにお通いくださるお客様が多くいらっしゃいます。
妊娠中~産後を健康に過ごすことは、第2子以降の妊娠・出産の大切な準備にもなります。

お客様の大切な時期に一緒に頑張れるのは、とても幸せです😊

神楽坂鍼灸サロン アンヴレでは体を元気にする治療を大切にしています。
体の中から健康に美しく✨
お仕事、プライベートとますますお客様が輝けるように。
おひとりおひとりの不調やお悩みに合わせて、
オーダーメイドの治療をいたします。

お体、お肌のお悩みがございましたら、
どうぞお気軽にご相談くださいませ☘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です