アンヴレ通信 第27号|瘀血のつぼ


神楽坂鍼灸サロン アンヴレ 逸見愛です。
いつもサロンをご利用くださりありがとうございます。
今日から5月!令和のスタートですね。

 

2年前にアンヴレへきてくれたオリーブ。

 

今年は蕾がつきました。
オリーブの花言葉は、「平和」と「知恵」

日々知恵を磨き、
皆さまの心と体がほわっと和むような、
鍼灸師、サロンであるよう、令和の時代も努めてまいります😊

春の健康アドバイスはこちらの記事でご紹介しております✨


5月の休日と予約状況のお知らせ

ご予約状況はこちらでご案内しています☘

5月は通常の定休日《月曜・日曜・祝日(土曜祝日は営業)》に加え、
GWは、5月4日(土)に臨時休業をいただき、
5月1日(水)~5月6日(月)までお休みをいただきます。
連休中のお問い合わせの場合、ご返信が遅くなることもございますので、ご了承願います。

~今後のご予約の取り方につきまして~

1日3名様限定とし、平日は3名様、
土曜日はご希望が多いため4名様のご予約を承っておりました。
予約状況により、平日も予約枠を増やせる場合は、
ご利用が2回目以降のお客様に限り、
ご対応させていただきたいと思っております。

通常、予約状況で「〇11:00」と表記していますが、
2回目以降のお客様限定枠は★印で「★11:00」と表記いたします。
はじめてのお客様はカウンセリングや診察がございますので、
初回は通常の予約時間となります。
ご了承の程よろしくお願いいたします<(_ _)>

予約時間は目安で、ご変更いただけます。
キャンセルがでている場合もございますので、
ご予約、ご質問はお気軽にお問い合わせくださいませ。

アンヴレをご利用くださり、心から感謝しております。
ありがとうございます😊💕

 

今月のお茶

 

🍎紫外線&ストレスケア🍎
ゾネントアのサンドロンフルーツティーをご用意しております♡
使われているハーブは、ローズヒップ、サンドロン、アップル
エルダーフラワー、ラベンダーです。

ほのかな酸味と甘い香りが気持ちを緩めてくれるお茶です。
ビタミンCもたっぷりで、美容と健康のサポートをしてくれます✨

 

 

アンヴレでは体質に合わせた10種類以上のハーブティー、
ハチミツなどをお買い求めいただけます。

プチギフトなどにもぜひご利用ください🎁💕

 

長野式勉強会『瘀血とは?』

隔月でオリーヴ治療院・堀本忠幸先生主催の長野式勉強会に参加しています。
4月のテーマは、長野式の基礎治療である『血管系(血行改善の治療)』と
『耳鳴り、難聴治療』でした。

『血管系』を簡単に説明すると、血行不良を治す治療法です。

体やお肌を美しく健康に保つには、
血の巡りを良くすることがとても大切です。
東洋医学では血の流れが悪い状態や、
それによって引き起こされる症状※を
『瘀血(おけつ)』と言います。

 

※瘀血によって起こりやすい症状

・慢性消化器疾患(胃酸過多、胃潰瘍、便秘、痔等)
・循環器疾患(動脈硬化、高血圧症、不整脈等)
・婦人科病(生理不順、更年期障害、ヒステリー、子宮筋腫等)
・皮膚疾患(蕁麻疹、湿疹、アトピー等)
・呼吸器疾患(喘息、息切れ等)
・泌尿器疾患(膀胱炎、頻尿、前立腺疾患等)
・精神疾患(不眠、イライラ、鬱症、頭痛等)
・運動器疾患(坐骨神経痛、慢性腰痛、関節痛、首肩コリ等)

~長野潔著・鍼灸臨床わが三十年の軌跡より抜粋~

アンヴレでは治療の前に必ず、
お腹や頭部の診察をして、
瘀血の状態を確認しています。

 

手を下げている状態でボコッと見えている血管は『静脈』です。
多くの静脈には逆流を防ぐために弁がついていますが、
消化器系の内臓と肝臓を繋ぐ静脈『門脈(もんみゃく)』には弁が無く、
血圧も弱いため、逆流しやすく瘀血ができやすい場所です。

 

お臍の下(特に左側)は複雑に血管が繋がっているため、
血流の停滞を起こしやすく、瘀血の重要な診察ポイントです。

瘀血は本来、肝臓や腎臓などで解毒されるべき血液で、
毒性をもって抗菌力も低いため、
体に長く停滞すると、全身に影響を引き起こすと考えています。

悪いものをしっかり綺麗にして、
良い栄養を巡らせる。
言葉にするととても単純ですが、
酸素と栄養で生きている私たちにとって、
血行改善はとても重要な健康&美容法です✨

 

瘀血のつぼ

今回は、骨盤の中の血流を改善するつぼをご紹介します。

酷い肩こりや痛み、めまい、頭のふらつき、
ストレスによる自律神経の症状にも効果的です。

 

陰陵泉(いんりょうせん)

すねの骨のすぐ内側を膝に向かってさすり上げて、指が止まるところにあります。

 

膝の内側、お皿の下の凹みから指4本分(人差し指~小指)下あたりです。

 

こちらの記事でお灸のやり方を詳しくお伝えしています。

ご自宅でのケアはお灸がおすすめです✨
指圧をするときは親指をつぼに当て、
手のひらでふくらはぎを包むようにします。
そのまま足首を上下に動かすと、
手の力をあまり使わずにつぼを刺激できます。
肩の鋭い痛みが柔らかくなってきたら、
効果が現れているサインです♬


最後までお読みくださりありがとうございます。

 

 

月曜日は井の頭公園へ行ってきました。
緑が元気でとっても気持ちがよかったです。
お散歩は私の『ごきげん』アイテムです🍃

 

平成最後の日は、木場にインドカレーを食べに行きました。
美味しかった~。
インドカレーも私の『ごきげん』アイテムです🍛

 

この仕事を始めたばかりの頃、
『誰かを癒すには、まず自分が癒されていること。』と、
尊敬する先生に教えてもらいました。
とても大切にしている言葉です。

私が続けている自分を簡単に癒す方法は、
自分の好きな食べもの、好きな人、好きな場所、好きなこと…など
自分を幸せにするモノをたくさん知って、
毎日、自分を幸せにする時間を持つことです。
明日はどんな好きが増えるかな。
そんなことを考えながら過ごすと楽しいです😊

令和もごきげんに!
今月も両手にパワーをためて、皆さまをお待ちしております☘

 

神楽坂鍼灸サロン アンヴレ 逸見愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です