なきざかな|朝どれの新鮮なお魚とこだわりの日本酒

こんにちは。aiです。
今日のご紹介は、美味しい魚介と日本酒が楽しめるお店「なきざかな
神楽坂の早稲田通り、カラオケJOYSOUNDと同じビルの地下です。

朝どれの新鮮な魚や、種類豊富な日本酒、お酒に合う珍味が楽しめます。
この日は友人夫妻と利用させてもらいました。
お酒のみの男性陣にはとっても魅力的なお店で、
メニューに「神亀(日本酒)」を見つけた時点で目をキラキラさせて楽しそうでした◎

まずはお刺身!
刺身のぜいたく盛りは、1人前1,500円。(写真は2人前)

 

 

右上はハギ(薄葉?)の肝合え。
左下の白身は、アカヤガラ。

 

左下はヒラマサ。
左上は黒ムツ。(美味しい……!)
その隣はサワラ。

 

アワビは新鮮で、コリコリ!(まだ、動いていた)
その上は、キンメダイ。
11種類の魚介が詰まった、納得の「ぜいたく盛り」
これで1,500円はお得だな。

 

こちらは、鮮魚のなめろう。
甘めの味噌、大きめに切られた身がねっとり。
目をつむって味わってしまう。

 

大人のいぶりがっこちーず。
いぶりがっこは秋田の名産で、大根を燻して米ぬかに漬けたもの。
燻製の香りと、コリコリの触感、そこにクリームチーズ。
美味しい◎

 

へしこ。
こちらのへしこは塩気が上品。
いやー、お酒に合うおつまみが沢山ありました。

 

日本酒も種類が豊富です。

 

乾杯はこちらから。
京都の「澤屋まつもと」の「守破離」
とってもラッキーで封切りしたばかりのものをいただきました。
守破離の微発砲で渋旨な味を堪能。

(余談ですが、このお酒と初めて出逢ったのは、赤坂の「酒のくりはら」でした。
サケニスタさんがいるときに伺うと、色々お酒の事を教えてくれて、
日本酒好きさんにはオススメです!!)

 

こちらは愛知の「醸し人九平次」とコラボしたお店オリジナルの「漁師のお気に入り」
食中酒にとっても良く、刺身などには守破離より合うそう(男性陣談)。
オススメ燗酒、「神亀」「会津娘」もいただきました。
神亀(しんかめ)は埼玉の地酒。
神亀酒造のお酒は、最低2年は熟成してから出荷されています。
深みがあり、熱燗にするとふんわりと香りが広がります。

お店の方も知識が豊富で、
男性陣が思い出せない日本酒の銘柄を、ポンッと教えてくれました。
可愛い女性が詳しく色々教えてくれるだなんて、
それだけでお酒が美味しくなりそうだな。

店内は人が入っているのに静かで食事がしやすく、
ホールの方もにこやかだし、炭場の方と目が合ってもニッコリ笑顔。
とっても楽しく食事が出来ました。

この日は2軒目(なんでお酒のみは、店を変えるのでしょう(?_?))に伺い、
満腹だったので、美味しそうな焼き物やメインを試せなくて残念でした。
また伺います♬ご馳走様でした!

 

 

漁師直送鮮魚専門 なきざかな

年中無休(年末年始・臨時休業を除く)
営業時間:【平日】17時~24時【土日祝日】16時~23時

 

 

 

 

※後日再訪

 

板長が作る、作りたてのだし巻き卵が
とっても美味しかった◎
お寿司はおまけしてくれました。
この日も大満足~♪

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 今日も「いいこと」ありますように♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です