美容と健康のための具だくさん味噌汁で栄養補給


こんにちは。愛です。

「ゆで野菜をたくさん作っておくと、
お野菜もしっかり摂れるし、帰りが遅くなった時も楽よ~!」
とお料理上手のお客様に教えていただいてから、
野菜スープを毎日作り置きしています。

体が温まるし、エネルギーが湧いてくる感じがして、
毎日の食事に欠かせなくなりました🍚

 

ゴボウ、ニンジン、玉ねぎ、かぼちゃ、きのこ、油揚げなど。
鍋一杯の具材を、油で炒めてからお水を入れて、柔らかくなるまで煮ます。

土鍋で煮ると、お出汁を使わなくてもすごく美味しいスープになります✨
その日に使わない分は、一食分ずつ取り分けて冷蔵庫へ保存。

 

食べるときは、別に保存しておいた茹でた小松菜やじゃがいもを加え、
味噌を入れて味付けをします。

 

毎朝のごはん☀

野菜たっぷりお味噌汁には、ビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり✨

小松菜を加えると、鉄分、カルシウムがグンと高まります。

ごぼうは食物繊維が豊富で、体の中の水分を吸収して腸の運動を活発にしてくれます。
食物繊維は油と一緒に摂ると便のすべりがスムーズになるので、
便秘に悩まれている時は、油で炒めてから調理するとより効果的になります✨

ニンジンやかぼちゃは、β‐カロテンが豊富です。
β‐カロテンは体内でビタミンAに変化します。
ビタミンAは肌を健康に保持したり、
のどや鼻の粘膜に働いて、細菌から体を守ってくれます。
日焼けやシミの予防にも効果的です。
油と調理することで、栄養の吸収をアップさせます✨

きのこは食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富です。
カルシウムの吸収を助けるビタミンDも多く含まれています。
免疫力を高めて、がんの増殖抑制にも効果がある成分、
β‐グルガンなどの多糖類も豊富に含まれています✨

 

おみそ汁に欠かせない、味噌!
味噌は私たちに欠かせない必須アミノ酸や、
ビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質を豊富に含んだ食品です。
味噌に含まれるトリプトファンという必須アミノ酸は、
睡眠や心身の健康と深くかかわる「セロトニン」を作るのに欠かせない材料です。
毎日のみそ汁習慣は、安眠効果も期待できます✨

 


お味噌汁と一緒に(^^♪

納豆やがんも煮を加えて、たんぱく質もプラス。
がんもどきは、勝野豆腐店さんで買っています。
ふっくらしてとっても美味しいです。

梅干し&海苔は、元気な97歳の祖父が毎日食べている食材なので、
私も食べるようにしています😊

梅干しの酸っぱい成分「クエン酸」は、カルシウムと結合すると、
鉄の吸収を促進し、脂質や糖質の代謝アップ🔥
疲労回復や二日酔いにも効果的です。
梅干しに含まれる酸には、だ液の分泌を促進する働きがあり、
そのだ液に含まれるパロチンというホルモンは、老化防止に効果があるといわれています。

よく噛むことでもだ液の分泌は促進されます。
噛むことは消化を助けるだけではなく、
ストレス発散や美容にも嬉しい効果があります💕

 

忙しい毎日に、一杯のお味噌汁をプラス!
美容と健康におすすめです✨

 


最後までお読みくださりありがとうございます。
今日も「いいこと」ありますように☘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です