日常の東洋自然思想|「悪いこと」の裏側には「いいこと」がある


こんにちは。アンヴレの逸見愛です。
いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。

💻💻💻

先日、こちらのHPを作っているソフト(ワードプレス)を更新したら、ブログを書く形式が跡形もなく変わっていて、まったくわからず、途方に暮れてしまいました。

逃げ道をみつけ、前の形式をプラグイン(機能を追加すること)して、今はブログを書いています。

でも、その機能はいつ無くなるかわからないので、新しいやり方に早く慣れておく必要があるようです。

本当にガラッと変わったので、覚える作業の前に、「わかんない!」「みたことない!」「どこからやるの?」と、心が学ぶことを拒否します💦

うーん。
昔は新しいことを覚えることに、心の拒否なんて感じなかったのに~!
悲しいけれど、衰えを感じました😢

📺📺📺

これじゃイカン!と思っていた時、NHKの「100 de 名著」という番組で、オランダの哲学者 スピノザのエチカの特集をみました。

 

紹介された本の一部から、

「人生において何よりも有益なのは、知性ないし理性をできるだけ完成することであり、そしてこの点にのみ、人間の幸福すなわち至福は存する」

という言葉を知り、しっくりきました。

そうだよな。
学ぶことを臆してはいけない~!
変化を恐れるな~!
新しいやり方を覚えるぞー!!と奮起できました。

そこから派生して、今年はたくさん本を読もう!と思い、鍼灸に関すること以外の本をたくさん読むことにしました。

不思議と鍼灸に関係ない本を読んでも、知識を得ることで鍼灸を外側の世界から知ることができ、新たな気づきや発見があり、学ぶことは考え方が広がって本当に面白いなと感じています。

📚📚📚

ワードプレスの大変化にはビックリしたけれど、それがきっかけで、頭のアンチエイジングになりました。

東洋医学の基礎になっている自然思想には陰陽(例:表と裏、月と太陽、女と男)という考えがあります。

悪いこと、大ピンチ!と思うことの裏側には、「いいこと」「大チャンス!」が必ずあるのだと思いました😊

変化し続けたいものです✨

 

最後までお読みくださりありがとうございます。
やさしい夜になりますように☘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です