アグネスホテル ラ・コリンヌ

(アメブロからのお引越し記事です)

こんにちは。
美容鍼灸師のaiです。
今日の美味しい神楽坂はフレンチ。
ラ・コリンヌの平日ランチです。

 

la1

アグネスは神楽坂にある小さなホテル。
キッチンなどの設備もある、
長期滞在利用のアパートメントも併設しています。

ラ・コリンヌのランチ営業は11時30分から。
4名掛けがメインで、席数は少なめ。
12時前には満席になっていました。

 

平日ランチは1500円。
サラダ、スープ、メイン、カフェ、パン付きです。

 

la2

ウフモレのサラダ。

卵の上には、
パン粉とチーズをこんがり焼いたシートがのってます。
 
 
la3
 
味付けはとってもシンプル。
卵をくずして、周りのチーズと混ぜながら頂きます。
シンプルだから、桜海老、リーフ、卵、
それぞれの味がよくわかります。

 

la4

グリーンピースとそら豆のポタージュ。

 

la5

メインは肉か魚が選べます。
この日の魚料理はスズキのポアレ。

網焼きされたスズキ。
新鮮で身の弾力があってプリホワ。
上には、ウルイのスライスと、
フランス産の野生のアスパラガスが添えてあります。
ウルイは甘くて、アスパラは舌が痒くなる様なえぐ味がありました。
ケッパーとトマトの酸味、香草の香り、
お魚や野菜の甘みや苦味。
楽しい一皿。

 

la6

お肉料理は大山鶏のディアボロ。

マスタードは控えめで、
鶏肉の味を活かした料理でした。

 

la7

デザートは500円で追加出来ます。

自家製のレアチーズケーキとミントシャーベット。
両方、大好物♡

ケーキには、ベリーソースとアメリカンチェリーがのってます。
濃厚なケーキは、一口で私を幸せな気持ちに。
ミントシャーベットは爽やか。
ホワホワ軽くて、食事の最後にとっても良かった。

 

全体的に旬の食材の味を活かしていて、
オイルやバターなどは控えめ。
量も多くはないので、デザートまで美味しく楽しめました。
男性には物足りないくらいかもしれません。

 

スタッフの方はにこやかで、とても丁寧。
お料理は食材などを一つ一つ説明してくれるので、
食べる前から楽しみが増します。

お一人でいらしていた妊婦さんには、
姿勢が楽な様にクッションを用意されていました。
おもてなしの心は、隣の席にいても心地が良かったです。

美味しい料理と温かな空間。
また、違う季節に伺うのが楽しみです。

 

ラ・コリンヌ

《ランチ》
火~金/11:30~15:00(ラストオーダー/14:00)
土日祝/12:00~15:30(ラストオーダー/14:00)
《ディナー》
18:00~22:30(ラストオーダー/20:00)
月曜定休

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
紫陽花の季節になりました。

 

la8
神楽坂も一本奥道に入ると、紫陽花がちらほら。
若宮八幡神社の白い紫陽花は、
萼が重なっていてとっても綺麗。
紫陽花って色々な種類があって面白いです。

今日も素敵な1日になりますように☘

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です